インストラクター

後藤 初美

 

〜ざっくりプロフィール 〜

東京都出身。2015年に宮城県涌谷町に移住。

東京時代⇨パタンナー(洋服の型紙制作する人)として働きながら、アフター5はダンスの日々。舞台公演にも出演経験あり。

千葉時代⇨山や田んぼに囲まれたお寺にて事務員として働く。仏教に触れ、ヨガの勉強を始める。

宮城時代⇨夫の実家宮城県へ移住。ことこと家ヨガスタジオを立ち上げる。

 

 

〜じっくりプロフィール〜 

東京は下町育ちです(谷根千エリア界隈)。

洋服、デザインが好きで、服飾の専門学校に通い、卒業後、パタンナーとして働きながらも、ダンス好きがこうじて自分でもダンスを習い始め、アフター5はダンスの稽古に励んだ20代を送っていました。

(ダンスカンパニーに所属し舞台で踊った経験もあります)

日常生活を送る以外の身体の在り方、内側にあるものの表現としての踊り・身体に興味を持っていました。

 

30代に入り、食べ物がどのようにして作られるのか知らないこと(田んぼと畑の違いがわからないとか)、自然の事を良く知らないことに何か危機感を感じ、東京を出て暮らしてみたい、自然の中で暮らしてみたいという願望を持ち始めました。


そんな時、千葉にある、とある部落の山に囲まれたお寺で職を得るという幸運に恵まれました。

そこのお寺は、耕作放棄され荒れ果てた谷津田(山の合間に連なる段々田んぼ)を開墾して、再び田んぼに戻しお米を作るという活動もしており、お寺の仕事とそちらの里山再生活動の企画・運営のスタッフとして7年ほど働いていました。

一年を通じて、苗の種まき、畔塗り、田植え、草取り、稲刈り、収穫祭、その他、田んぼの生き物探し、竹藪の切り開き等のイベントも開催していました。

お陰様で、お寺の仕事を通じて、その時に出会った方々を通して、本当に沢山の事を学ばせてもらいました。

 

そしてこの時に仏教に触れ、仏教と縁のあるヨガを学び始めました。

 ダンスをやっていた頃は、ヨガは単なるストレッチだと思っていたのですが、ヨガを知れば知るほど奥深く、

身体、心、精神、魂という領域を網羅するヨガの世界にはまっていきました。

 

結婚を機に夫の出身地である宮城県涌谷町に移住。町内にヨガが学べる場所がなかったので自身でヨガを伝えようと、ことこと家ヨガスタジオを立ち上げ、ヨガを伝え始めました。ヨガを通じて皆さんの心身の状態が少しでも良くなるよう励んでおります。

 

その後、2021年に富谷市に移住。

富谷市でもヨガのレッスンを開始し、涌谷と富谷でヨガを伝えています。

 

  

◯日本ヨーガ・ニケタンにてインドVYASA(ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団) ヨーガ・インストラクター養成講座終了

◯てあて整体院 骨格調整専科終了

◯ボディケア学院 経絡マッサージ本科終了

◯シュリーヨーガ インストラクター養成講座終了

◯ギーター・プラチャーリカ取得

 

2020年、ジャヤーナンダ師を師事。師の元でバクティ・ヨーガを学んでいます。

 

他、定期的にヨガのトレーニングを受けています。