YOGAとは


 ヨガの語源はサンスクリット語の「ユジュ」。意味は「繋ぐ」。ヨガは体、心、魂を大いなるもの(神、宇宙)に結びつけることの行法として遠い昔のインドで発生したと言われています。

 

ヨガの数ある経典の中でも、入門書的な位置付けであり、一般的に知られているのが2,000年以上前に編纂された『ヨーガ・スートラ』です。 そのヨーガ・スートラ第1章に

「ヨーガとは、心の働き(作用)を制御することである」

とまず最初に一文で端的に説明されています。

 そう、ヨーガとは単に身体を動かすだけではなく、心の働きの制御という目的があります。

 

心の働きの制御とはいったいどういうことでしょうか?

 

ここでちょっと体験してみましょう。

床でも椅子でもなんでもいいので、安全な場所で軽く背筋を伸ばして、目をつむります。そして呼吸に意識を向けて、ご自分の鼻先から息が出たり、入ったりするその息の流れを見守ります。そのまま呼吸に集中し、5分くらい続けてみます。

 

するとどうでしょう?

 

5分間ずっと呼吸に集中できた! という人はいましたか?

 

多分、多くの方が、最初は呼吸に集中しているけど、気がつくと何か違うことを考えていて呼吸の事を忘れていた、という方が多いのではないかなと思います。

(もし5分間ずっと呼吸に集中し続けていた、という方がいらっしゃったら、それはとても素晴らしい事です!)

 

最初は呼吸に集中できていても、気がつくと、さっき会った友達の事を考えていたり、今夜の夕飯の事を考えていたり、好きな人・嫌いな人の事を思っていたり、、と意識が呼吸から離れてしまっていて、そしてまた改めて「呼吸、呼吸」と呼吸に意識を戻してもまた気がつくと違うことを考えていた、、、、の繰り返しの方がほとんどかと思われます。

 

そう、私たちは心をたった5分間、1つの対象にとどめておくことすら難しい事に気がつきます。

 

私たちは1日に実にたくさん、たーくさんの思考をしていると言われています。でもそのほとんどが、雑念や心配事、願望、妄想、といった頭の中をぐるぐると駆け巡る、制御できていない思考と言われています。

 

心配事も心配が過ぎれば自律神経の働きや、体調に影響を及ぼしますし、内側で起こっている感情が激しいものであれば、それも身体に影響を及ぼします。もしかしたら自分の事を傷つけるような考えを知らずに持っているかもしれません。願望も我欲が勝れば結果として苦しみを生み出すものとなっていきます。


ヨーガでは、アーサナで呼吸が深まりやすい状態に身体を調整します。そして呼吸法でさらに呼吸を調整し、メディテーションを通して、ご自身の心を調整していきます。

 

呼吸が自然とゆったりと静まれば、自ずと心も静まります。呼吸が浅く早いリズムで繰り返されているうちは、心を静めるのは難しいのです。


◉アーサナ(ポーズ)の役割

呼吸と共に身体を動かすことで、身体を緩めていきます。身体が緩むと自然と呼吸も深まりやすくなります。同時にいろいろなアーサナをとることで、筋力や柔軟性を高めていきます。

筋力(主に体幹)が高まることで、動きやすい身体を作っていきます。また縮こまったところを伸ばしてあげる事で、血流・リンパの流れが促進され、身体がスッキリ軽く感じられます。

結果として、肩こりや腰痛が楽に感じられたり、普段、緊張気味の方(交感神経が常に優位な方)は身体が緩んで呼吸が深まる事で、自律神経のバランスが整いやすくなります。


 自立神経の働きや呼吸が整うことで、頭の中の思考が自然と静まり、いらない思考にあまり振り回されなくなります。心が静まり、ご自身の内側がどんどんクリアになっていきます。



心を本当に必要なもの、本当に大切なもののために使えるように練習していくことが、ヨガの練習なのです。