YOGAとは

 

 ヨガの語源はサンスクリット語の「ユジュ」(意味は「繋ぐ」)。ヨガは体、心、魂を大いなるもの(神、宇宙)に結びつけることの行法として遠い昔、インドで発生したと言われています。

 

2,000年以上前に編纂されたヨーガ経典『ヨーガ・スートラ』に「ヨーガとは、心の働き(作用)を制御することである」 

とまず最初に一文で端的に説明されています。そう、ヨーガとは単に身体を動かすだけではなく、その向こうに心の働きの制御(心の安定)という目的があります。

 

心がどういう状態にあるのか、心が何に繋がっているのかによって、発する言葉・行動は変わっていきます。言葉や行動が変わればそれは身体にも変化をもたらしますし、人間関係にも変化をもたらします。自分の心の在り方ひとつで人生が変わっていくと言っても大げさではありません。

 

身体と心は呼吸を通して繋がっています。

 

ヨガでは身体を整え、呼吸を整え、最終的には心の安定を助けていきます。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【アーサナで身体を整える】

ヨガには沢山のアーサナ(ポーズ)があります。

いろいろなアーサナの練習をすることで、普段使っていない筋肉に刺激を送り、緩め、呼吸が通りやすい身体を育てていきます。

またアーサナの練習で筋力や柔軟性を少しずつ高め、同時に血流・リンパの流れを促進し、内側の循環を高めていきます。

結果として、肩こりや腰痛がされたり、パフォーマンスが上がったり、普段、緊張気味の方(交感神経が常に優位な方)は身体が緩んで呼吸が深まる事で、自律神経のバランスが整いやすくなります。

また、呼吸が深まることで思考の流れ、心の働きも静まり、内側が穏やかな静けさで満たされていきます。

常に心が動き回り、内側が余分な思考や感情で騒がしければ、満たされる感覚は遠ざかるばかりです。

ヨガは物質的な豊かさではなく、精神的な豊さを育んでいきます。

 

【 心の働きを制御する 】

床でも椅子でもなんでもいいので、安全で静かな場所で軽く背筋を伸ばして目をつむります。そして呼吸に意識を向けて、ご自分の鼻先から息が出たり、入ったりするその息の流れを見守ります。そのまま呼吸に集中し、5分くらい続けてみます。

 

するとどうでしょう? 5分間、いっときも呼吸から離れずにずっと呼吸に集中できたでしょうか?

 

多分、多くの方が、最初は呼吸に集中しているけど、気がつくと何か違うことを考えていて呼吸の事を忘れていた、という方が多いのではないかなと思います。(もし5分間ずっと呼吸に集中できていた、という方がいらっしゃったらそれはとても素晴らしい事です!)

 

最初は呼吸に集中できていても、気がつくと今夜の夕飯の事を考えていたり、好きな人・嫌いな人の事を思っていたり、、と意識が呼吸から離れてしまっていて、そしてまた改めて「あ、呼吸、呼吸」と呼吸に意識を戻してもまた気がつくと違うことを考えていた、、、、の繰り返しの方がほとんどかと思われます。

 

そう、私たちは心をたった5分間、1つの対象にとどめておくことすら難しい事に気がつきます。

 

私たちは1日に実にたくさん、たーくさんの思考をしていると言われています。でもそのほとんどが、雑念や心配事、願望、妄想、といった頭の中をぐるぐると駆け巡る、制御できていない思考と言われています。

 心配事も心配が過ぎれば自律神経の働きや、体調に影響を及ぼしますし、内側で起こっている感情が激しいものであれば、それも身体に影響を及ぼします。もしかしたら自分の事を傷つけるような考えを知らずに持っているかもしれません。願望も我欲が勝れば結果として苦しみを生み出すものとなっていきます。

 

ヨガでは、アーサナで呼吸が深まりやすい状態に身体を調整します。そして呼吸法でさらに呼吸を落ち着かせ、メディテーションを通してご自身の心の働きを見て、調整していきます。呼吸が自然とゆったりと静まれば、自ずと心も静まります。呼吸が浅く早いリズムで繰り返されているうちは、心を静めるのは難しいのです。